無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

一人暮らしの節約生活

先日の記事に引き続き、今日は一人暮らしの節約生活についてでも。

と言うか一人暮らしに限らず、節約生活に関心のある人向けな雑記です。

では早速、自分が実践している節約ポイントをいくつか。



・ 物件選び

いきなり当たり前の事なんですが、住む家はすごく重要です。

「家賃は手取りの3分の1」なんてよく言いますけど、まずはこの数字に囚われることなく、自分が満足行く環境で出来るだけ安い部屋にします。

基本的に一度決めたら、後でどう頑張っても減らせない出費なので、情報収集を怠る事はしません。全力です。

ネットに出ていない物件もあるので、時間があるなら不動産屋に実際に行って不動産屋に相談してみるのがおすすめです。

で、物件選びでこれだけは絶対見て欲しいというのが「ガス」です。

世の中には「都市ガス」と「プロパンガス」があります。

簡単に説明すると、アパートの前などによくあるガスボンベのような物からガスを供給されているのが「プロパンガス」です。

それ以外の、ガス管を通って建物に供給されてるのが「都市ガス」。

そんなにそれが重要なの?と思う人もいるかと思いますがこれが節約生活を考える上では欠かせないポイントです。

結論から言うと、料金が桁違いに違うんです。

同じ使い方をしていても、都市ガスなら1500円で済む所が、プロパンガスだと5000円とかします。

ガス会社により差があるんですが、これは極端に酷い例ではなく、ザラにある話。

なので、冬場などガスの使用量が高い時期の事を考えると、プロパンガスの物件と都市ガスの物件でほかが同じような条件ならば5000円ほど家賃が安くないと、プロパンガスの方が損をすることになるわけです。

この違いを知らない人が意外と多いので、そこを狙って悪質な不動産屋は「割安な部屋ですよ」などとプロパン物件を勧めてきたりします。

とりあえず、アドパークなど、検索条件に「都市ガス」がある所で探すのが良さげです。

あとは日当たりや騒音、治安や周りの安売りスーパーなどの点を見ます。

個人的にお勧めなのが、「許せる範囲の古い家」です。

賃貸って出てく時に現状復帰の費用としてお金を取られますけど、最初から傷が多かったりする部屋などはその時の写真を撮っておく事で、退去時の不当な支払いを一蹴してやる事が出来るからです。

で、最後に家賃の引き下げ交渉は必ずしましょう。

印象が悪くなろうとなんだろうと、交渉する事で家賃が下がる事はあっても、上がる事は絶対にありません。

1000円負けて貰えば年に12000円自由に使えるお金が増えます。

交渉も仲介の不動産屋に頼めるので、大家に直に言わなくても良いので交渉もしやすいですしね。



物件選びに関してはこんな感じですかね?

語りだせば切りが無いので、本当に抑えて欲しいとこだけって事で。

あぁ、そう言えば職場近くの物件は嫌がる人も多いですが、一人暮らしなら出来る限り近いほうがおすすめですよ。

同僚の溜まり場にされそうな職場ならNGですけど、一人暮らしは少しでも時間を節約しないと自分の自由な時間がどんどん減りますから。

自分は職場から徒歩5分の所に引っ越しましたが、それで後悔をしたことなんて一度もないです。

近所の人が出勤していくような時間帯に寝巻きでゴミだしをするくらいに朝に余裕があります。最高です。

帰りも、他の社員が最寄り駅にたどり着く頃には家でゲームしてます。

家に帰れば奥さんが全部家事を済ませてある。そんな人なら通勤に時間をかけても良いですけどね。

では、続きはまた次回。





………ゲームの記事。書きたいなぁ(笑 人気ブログランキングへ

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。